894

10/25 エラッタ雑感

by
じゃこ
じゃこ
エラッタが発表されました。
新弾は来ません、怒っています。




いつも通り個別で。

1.モロク
  まあいいんじゃないですかw。
  後手アタランテから出てくるのが脅威ではあるものの、今の環境ではそれほど……。
  ブリュンヒルデの下方があるので、ある程度赤を受けることのできるカードが増えることは必要かと。
  アタランテから出てくるアタッカーとしての性能はミノタウルスの方が上で、丸いデッキから見た場合はそれほど危険なエラッタではない。

2.ライリー
  ドローがトリガーサーチに。
  1T目に出して2回効果を発動して3回選ばれ発動したら除外14枚になって最速ヘブドラが出てくる。
  つまり1裏か2表にこのカードを処理できなくて最速ヘブドラへの対応策が無いデッキ(主に種族デッキ)は死ぬ。
  パワーは上がったものの有利不利を加速するエラッタなので歓迎はできない。

3.ブリュンヒルデ
  丸いデッキが赤単等のアグロデッキを受けるためにほぼ必ず入れていたこのカードもとうとう下方修正。
  ライフ3以下はアスモデウスの射程圏内なのに、ライフ4以下にならないとボード処理できないのは致命的。
  代替候補はミューズあたりになるかと思うが、ボード処理ができないため受けとしての能力は幾分か落ちる。
  8以下手札複製6以下消滅4以下ボード複製ではだめだったんですかね……。

4.アーサー
  王だから王の治癒力追加。だったら滅王にも下さい。
  加護も付いてて受けの能力は高いため、ブリュンヒルデの代替にはなるか。
  レイシーと同時に採用することでBP9000が保証されるため、青絡みのデッキにタッチで投入するのはアリ。

5.義賊五右衛門
  ここ数日暴れまわっていた五右衛門がとうとうお縄に。
  前回での記事で書いた通り、単体でのスペックはそこでもないため、修正する必要があったかと言われると疑問が付く。
  五右衛門というよりも同時に運用される鉱脈が悪さをしているわけだが、向こうがSRなあたりいわゆる””大人の事情””が絡んでいるのかもしれない。
  高原や神風等CP加速を下方した時期に一緒に鉱脈を下げておけばこうはならなかったんじゃないかなと思う。

6.ロストドラゴン
  紫の必須カードだったロストドラゴンもとうとう下方修正。
  スペックが大幅に下がってしまったものの紫単ではこのカード以外でペンテレシアを処理できないため(ガメたインセプで処理できなくもないがトリガーゾーンが割られる)、採用されなくなることは無いかと。
  わざわざ地方からファンイベントに参加した人達のことを思うと涙が止まらない。

7.ネオサンダーボルト
  下げる必要性が1ミリも無いエラッタ。
  勝率からエラッタ対象を選んでいるという話なので、五右衛門を採用したデッキの勝率に引っ張られてしまったのかなと。
  五右衛門のエラッタ前では採用率が低いカードだったので、やっていることは強烈な死体蹴り。

8.インペイルメント
  前々からスターライトが0CPなあたり、2CPではコストが釣り合っていなかった感はあった。
  ただし1CPで1体処理はインフレの進んだ今では厳しいか。

9.ワンダフルワンド
  7枚ドローのワンハンが戻ってきた。特大かつ打つタイミングを選ばないといけないため、扱いはかなり難しい。
  ハンデスに強くなったと見せかけて、特大なので次に打てるまでの期間がとても長く、それほど強くなったわけではない。

10.エイミングクラッシュ
   強制防御もいいが、どちらかというと序盤から使えるリトルウォンドと考えたい。
   これまでは緑での採用が主だったが、赤単での採用もあり得る。

11.冥札再臨
   重くなった。
   ブラフマーあたりの脳死デッキでの採用が多く、脳死プレイのしやすさが是正されるのは〇。

12.デリートレイド
   ※画像で元のCPが2と表記されてますが3の誤りです。
   CP3で1体破壊は厳しかったが、これがインペイルメントみたいに1コスト下げて2CPになっても厳しい。
   だからと1CPにしたらインペイルメントの立ち位置が無いので、どちらかが別物になるのは避けられなかったか。
   軽くなったへレスカにボード処理が付いてきた。
   武身と相性が良く、かなり危険なエラッタに見えるが、大丈夫なのだろうか。

13.シャープリィスライブ
   重くなったことで出したユニットを即OCさせづらくなった。
   横並べするデッキを想定したエラッタなのだろうが、そういうデッキにはディバインシールドがあるため、実質ディバインシールドの下位互換と化した。

14.意気衝天の龍
   重くなって溜まりづらく。
   ケットシー出す場合は1CPも0CPもあまり変わらないのでアレだが、小→中ジョーカーになった点は評価したい。
   溜まるサイクルが長くなったため、残ったユニットや進化ユニットを使って最後の1点を押し込む動きがしにくくなった。

15.スプレッドインフェルノ
   溜まりやすくなった。
   オーディンの処理に合わせたり、序盤にジョーカー+軽減アイオーンで全処理ができるようになった点はかなり良い。
   ただ2CPは重いので1CPになって欲しかったところ、採用率は上がらないと予想。

16.グラフィティ・アース
   暴れまわっていたグラフィティアースもとうとう下方修正。
   丸いデッキは大ジョーカーにグラフィティアースが基本だったが、これからはワンダフルワンド、フォースリベレーションと争うことになる。
   俺はフォースリベレーション押しです。


総評
 最低のエラッタ、検討段階でその辺のオタクから意見を聞くべきレベル。
 もう書ききれないぐらい文句があるし、正直直接意見したいのでお電話待ってます。
 特に不要なエラッタが多く、プレイングを重視するカードを下げて誰が使っても同じ結果が出やすいカードを放置している傾向にあると感じる。(主に武身とか)
 特にブリュンヒルデの下方は大きくて、殴ることにリスクを背負わせていたのに、今後はリスクが無くなってしまうことでアグロ系統のデッキが暴れてしまうのではないかと。
 今後そういったデッキには対策カードとしてミューズ等の置物で対処することになるが、それらの対策としてスピア3積み赤単のような極端なデッキが出てくると予想。
 おおむね丸いデッキが生き残れない地獄みたいな環境になると思われるので、今のうちに座禅を組んで僧になる準備をしようと思います。
更新日時:2018/10/26 23:08
(作成日時:2018/10/23 22:37)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア