123

フールからハイプリになるまでを3週間で駆け抜けた話

by
Dr.アルフ
Dr.アルフ




お疲れ様です

内容はタイトルの通りで、とりあえずハイプリまで一気にあげてみました
ってことで、今まで使ってたデッキ構築を軽く乗せてみたいんですが……

⚠️注意⚠️
出来るだけ簡単にしたいとは思いますが、かなり長文になると思われます
時間的に余裕の無いかたは覚悟してからどうぞ(~_~)


~使用デッキ~
画像の通り、赤・黄・青の三色グッドスタッフです
ACE帯からここまで、これ一本で押し進めてました

 日によって緑をタッチでいれたり、メタカード差し込んだりしてますが、メインとなるギミックは変わってません
 ベルゼブブを使って盤面を焼き、残った手札をハンデスしてリソースを枯渇させるのが主な動きです

枠が決まってないカード枠があり、いれたいカードはいくつかあるのですが、如何せん持ってないんです……(´・ω・`)



~各種主要カード解説~
『蝿魔王ベルゼブブ』
  このデッキのメインとなるカード
後述の『ぶくぶブブ襲来』とセットで使うことで、手札消費1で5000×4回分のダメージを叩き出せるのは魅力的
 出来れば6000ラインを『凪ぎ払い』などで削ってから発動すれば除去範囲が広がりますが、使用用途がそれくらいにしかほぼ使えず、火力に関しては元々申し分なかったので採用を見送ってます


『アフロディーテ』
 防御札
引いたカードをそのまま叩きつけていくプレイが多く、盤面にはlevel1がよく並ぶ為、詰め札として結構優秀です

『ユニコーン』
  このデッキの序盤の核で、デッキから何でもサーチ出来る馬 。ここ止まると只のトップ勝負になりかねないので、ここの効果通るかが割りと重要になってくる
  ただ、デッキ触るだけならミョルニル魔法石でも同じことできるので、一度変えてやってみたいとは思ってる

『リトルアリス』
  正直、何でVRなのか解らないくらいのハイパースペックだと思ってます
破壊に反応して動くユニットは多いし、2度も3度も相手したくないユニットをまとめて消滅出来るとか強みでしかない

『妖刀 村正』
 ベルゼで焼けない盾持ち、アリスで焼けない消滅耐性、加護持ちを黙らせるための札
 対象を取らないで沈黙を付けるにはかなり効果的
 ランダムとは名ばかりで、効果を受ける相手をある程度絞れる為、この効果を発動してからの立ち回りが立てやすいです

~入れ換えで採用してたカード~
聖剣エクスカリバー
軽量を永続的に飛ばし続けてくれる
制圧力はまじで群を抜いてます
ライブオンステージを採用してるので、結構序盤から出せたりもします

翡翠のカナデ
相手に墓地利用されるとかなり苦しい展開になることが多すぎたので、暫く採用してました
外れたのは、「自分が墓地利用出来なくなったから()」

書神トト
村正の効果を生かすのと、新しい村正の効果先を作る為に沈黙つきをガンガン飛ばしていく必要があると考えた為、沈黙破壊ギミックを強めに考えるならこのユニットかなぁとか 

etc……


~ジョーカーカード~
『エビルガンビット』
『冥札再臨』
デッキ内に盤面処理の回答を用意できるように組んでいるので、基本的にはこの2枚
ガンビッドに関しては、魔法石でも代用は可能なので、デスゴリロック抜けるために『アビスイミテーション』は採用してみたいです

~マリガン~
先攻では『夢笛のアリア』『妖刀 村正』を引きに行き、
後攻ではこの2枚に加えて『ユニコーン』のいずれかを狙いに行きます

~立ち回り~
序盤
ユニコーンから展開できれば、必要なカードは大体引きに行けるので、中盤のベルゼブブ、ぶくぶブブに繋げる

中盤~終盤
ベルゼブブ+ぶくぶを通しに行きます
盾はリトルアリスで追放してからベルゼに
盾+加護持ちまでついてるのは複数居るのは稀で、大体パンプ込みで一番高いBPまで上がっていることが多いので、村正で止めにいってからリトルアリスで止めに行きます
 サーチ手段はデッキ内、ジョーカー共にあるので、相手の手札の枚数と盤面の枚数を見ながらジョカのタイミング図ったりも出来ます。
 基本的には盤面を毎ターンベルゼブブで焼き払い、前のターンのベルゼブブが残ってたら顔面殴りに行く位の感覚です



~各デッキ有利不利~
デッキにメタカードをある程度差せば対策可能なデッキもありますが、私が当時使っていたデッキでの所感で


・黄単→普
選ばれヘブンズ→微不利

選ばれヘブンズ型の場合は、ヘブンズが出たタイミングでベルゼブブが当てられるかが勝負になります
アリスも沈黙も効かないので、いかにベルゼブブを手札で途切れさせないかで決まります

・赤単&珍獣→不利
単純にこちらのゲームメイクが遅いので、轢き殺されることが多いです
赤単に対しては加護持ちを付けるアフロディーテ
珍獣に対してはハンデスを上手いこと当てていってようやく勝負になると思います

・青単
アポピスリアニ→不利
ハンデス→微有利

・紫単
ペンテシレイアを叩きつけるタイミングを探るゲームになります
オベロンが急に飛んできたりするので、効果を使い終わった軽量ユニットを撤退させる動きが必要になります


デッキに関する内容は以上です
長々と思い付いたことを下記連ねていきましたが、最後まで読んでいただき本当に有難うございます

これを見た人から意見もらったりしてこのデッキ完成できたらいいなーとかも考えてますので、コメントお待ちしてます

 
更新日時:2018/08/11 03:15
(作成日時:2018/08/11 03:11)
カテゴリ
デッキ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア