384

#06 チェックメイトアクト【リナジョーカー紹介②】

by
斡揮(あっきー)
斡揮(あっきー)
英雄使い(自称)の斡揮です。

Ver.UPして一週間ちょい経ちましたね!


自由度の高いイベントも来ていますし、

新カードを組み合わせたり、
新たなコンボを考えたりと、
試行錯誤の日々かと思います・・!



さて、今回は
私のイチオシのエージェント、
リナ・ヴァレンタインのJKについて考察したいと思います!!(第2回目)

 



少し前に機会があれば残りのリナJKも紹介したいと綴りましたが、案外早く来ました・・笑





【チェックメイトアクト】
 



ゲージ消費:中
CP2


対戦相手のユニットを2体まで選ぶ。
それに【防御禁止】を与える。
そうした場合、自デッキから2枚まで
ランダムでトリガーゾーンにインターセプトカードをセットする。



6/7の新弾登場と共にエラッタされ、
後半のテキストが追加されました。


既存の効果に上乗せする形で、
デッキ圧縮が可能に・・!

使う色に応じて活用したいですね!



今回もやはり緑軸で解説をいたします。







五輪の神髄
 


CP1/PR

入手:カードブースト


①自ユニットが戦闘した時、それがアタック中だった場合、戦闘終了時まで【貫通】を与える。

②自ユニットがプレイヤーアタックに成功した時、対戦相手に1ライフダメージを与える。



・どんな形であれアタックが通れば1点以上保証されるインターセプト。
 特に、②の効果の追加ライフダメージは大きい。


・緑で組むなら一番想定されるカードか。
 防御禁止と非常に噛み合っており中盤以降の攻防において決定打になり得る。
 理想は2枚同時セット



この他にも、森の女神大いなる世界といった有用インセプは揃っているので、デッキの組み方次第では活用できると思います。


また以下のインターセプトも現緑デッキと効果が噛み合う物もあります。



花の高原
 



CP1/SR
収録:Ver.2.0EX1


①自コスト2以上の進化ユニットがフィールドに出た時、自CPを+3する。
②自ターン開始時、自フィールドにユニットが0体以下の場合CPを+3する。


デッキの構築上、進化ユニットが必要になりますが、
今弾で追加されたユニットにより以前よりも進化ユニットが出しやすくなりました。
そのユニットが・・



聖剣士パーシヴァル
 


CP4/英雄
収録:Ver.2.3EX2



パーシヴァルの効果により自身に進化ユニットを乗せ召喚することができます。
(緑・英雄進化のみ限定)


またユニット召喚の判定が、
 パーシヴァル→進化ユニットと両方判定されているようなので、
 ヴィヴィアンのCPブーストやニンリルのドロー効果を二重で受けられるようです。

順番はパーシヴァル分 → 一度トリガーインセプ判定 → 進化ユニットの分で効果が使えます。


分かりやすく例えると、

・ヴィヴィアンがいる状態で、
 パーシヴァル→進化ユニット召喚後、
 CP+1→その後花の高原の使用可能タイム→最後にさらにCP+1となっております。

この組み合わせだけでも盤面の展開がしやすくなるはずです!



以前はそれほど、花の高原は緑のデッキでは使われていませんでしたが、英雄が強化された事で使用率が上がるのではと予想してます。




次回も少し触れた、聖剣士パーシヴァルについて何らか書き綴る予定ですー




それでは!!

 
更新日時:2018/06/19 23:59
(作成日時:2018/06/19 23:50)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア