553

ハンデスデッキの作り方

by
ウーロン
ウーロン
こんにちは、ウーロンです。
ハンデスし続けてこの道だいたい4年になります。

それでは早速本題に入っていきましょう。




1.ハンデスとは?




ハンデスとは、ハンドデストラクションの略です。カードゲーム用語で「手札破壊」を意味します。相手の手札を破壊することで選択肢を減らしていき、最終的には「窒息死」させる戦い方です。

ただ、手札を破壊しても盤面に直接影響は出ないため、盤面の構築も重要になってきます。

最近の有名なハンデスデッキですと、緑ユニットの聖少女ブリギッドで盤面を取りながら相手の手札も破壊するブリギッドハンデス(通称鰤ハン)と邪龍アポピス
で捨札からドラゴンブリザードをはじめとするゾンビユニットを大量に呼び出す甘露アポピスがあります。

初めてハンデスデッキを組みたいという方はこれらのデッキを参考にして組むことをお勧めします。






2.ウーロン理論的ハンデスデッキの作り方



ここでは僕の持論(ウーロン理論、通称ウー論※注釈・Twitterのフォロワーさん命名)を基にしたデッキを紹介したいと思います。




 





少し古いのですが、ウーロン理論を簡単に説明している動画です。



デッキレシピです。DOB調整で造反劇が入ってましたが、動画には出てきていません。

今はのろいのはにわマキガイさんといったBPは低いものの、青いハンデスデッキにはほぼ必須なユニットが出ていますので積極的に採用しています。

侵撃の魔手の採用には賛否両論ありますが、単色ハンデスでも積極的に取り入れていいと思います。ONI総長邪眼天使サリエルで回収するときに0CPのインターセプトは非常に便利です。ダークマターは1枚で大丈夫です。当時は鰤ハンが流行っていて対面の謀略の祝杯が多く、相手だとトリガーゾーンに伏せる枚数が多かったこともあり3枚積んでいます。


3.JOKERについて

JOKERの選び方についてですが、ユニット破壊手札回復JOKERを採用しましょう。

これらのJOKERはハンデスととても相性がいいです。
また、片方はゲージ消費量が少ないジョーカーを設定すると戦いやすくなります。

今現在、僕は手札回復JOKERにクロエ・ノーチェスフォースリベレーションを採用しています。





4.最後に



最近だと絶魔王アスモデウス天竜ヘブンズドラゴンの増加により、ドラゴンゾンビの強さは相対的に上がってきています。DOB:8と高いオリジナルポイントも魅力的です。ぜひ採用しましょう。また、しっかりハンデスできていれば死出の冥銭を使えばそのまま退場させることもできます。



ハンデスがうまく決まると相手は何もできなくなります。そのままやっつけるのがハンデスデッキを使っていてとても楽しいです。



それではまたお目にかかりたいと思います。良いハンデスライフを♪ 
更新日時:2018/06/22 08:22
(作成日時:2018/05/07 21:31)
カテゴリ
デッキ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア