272

【焼き】について

by
More.D
More.D
こんばんは、More.Dです。


皆様、新環境いかがお過ごしでしょうか。

今の所私の対面は赤色が多いです。
または赤を極端に見たタイプのデッキが多く見受けられるように思います。

原因として考えられるのは、一番は『アタランテの4CP化』だと思われます。アタランテがアタランテを呼ばなくなった事によって、序盤の獣による秩序の盾ラインが形成されにくくなったのは赤にとって大きな追い風です。
黄色は色相性的に赤に弱いこともあり、これからの環境は赤が暴れる予感がしています。

さて、赤といえば『焼き』『トリガー破壊』『防御禁止』『早い試合展開』を得意とするイメージがあります。

今日は、その中から、普段何気なく使用していて最早当たり前の用語となっている【焼き】についてもう少し詳しくまとめて、文章化してみようと思います。

【焼きとは】
他のTCGの事はあまり詳しくないのですが、少なくともCOJにおいて焼きとは『BPダメージを与える行為』の事を指していると私は思っています。(バーンと言うこともあります。)

そこから派生して、行動済ユニット限定のBPダメージ行為を『寝焼き』と私は呼んでいます。(例:雷龍、インドラ、空戦型キャタピワラシなど)

ブリギッドや紫などによるものもありますが、COJでは『焼きといえば赤』というイメージが私にはあります。
(寝焼きは黄色のイメージ)

装填赤黄が環境で輝いていた頃は、赤の焼きについても把握していたつもりなのですが、それからかなりの時が流れました。
そこで、自身の知識の再整理をかねて、焼きについてまとめてみることにしました。

まとめていると長くなってしまったため、この投稿の中では一部略語を使用しています。
(分かりにくいユニット名や表現などございましたらご質問ください)


【焼きをダメージ別に見る】
焼きを使用する場合、意識したいのは『いかに手札を使わずに、対面を更地にする事』ではないかと私は考えています。

その際、知識として把握しておくと計算が楽になるものに

『効果的な焼きの組み合わせ』
『環境主流ユニットのBP』

等があります。

一つずつ解説します。

【効果的な焼きの組み合わせ】

1枚で高火力を出せるカードも数多く存在しますが、そのカードが欲しい時に手札にあるとは限らないのがCOJです。
カード1枚で対面が処理できない場合、複数のカードを組み合わせて盤面を処理することになります。
古の呪文『1マコ2マーヤ3ベルゼ』も、マーヤの基本BP1000マイナスと、ベルゼブブの5000ランダム焼きによって、BP6000以下を更地にするという『(基本BP-1000)+(5000ダメージ)=6000』という焼きの組み合わせで出来ています。

COJはハイスピードカードバトルのため、なるべく最速ターンエンドするにこしたことはないので
これらの組み合わせをその場で考えるのではなく『呪文的にいくつか丸暗記しておく』というのも有効かと思います。
(呪文を後で分解すると、規則性などに気がついて自分で呪文が作れたりと、なお理解が深まると思います)

というわけで、私が呪文的に記憶している焼きの組み合わせを列挙したいと思います。

・8000ダメージ(イザナギ・ヘブドラライン)
『シヴァベルゼ(対面3体)』(3000+5000)
『ガイアリッパー』(7000+1000)
『シャリス灼熱』(2000+6000)
『シャリスリリス』(2000+6000)
『シャリス赤レイア』(2000+6000)
『→シャリス3000焼き』
『ラーラー(ユニット2体)』(4000+4000)

8000ダメージは分析すると
『1000+7000』
『2000+6000』
『3000+5000』
『4000+4000』
の4つの組み合わせで構築されていることが分かります。
手札2枚で8000ユニットが除去出来ます。
(3枚以上の組み合わせについては、手札消費が激しいので呪文として覚える必要があまりないと思います)

・7000ダメージ(シュネー・紫アザゼル・マスティマライン)
『フレイミーラー(対面2体)』(6000+1000)
『ラーリリス(対面2体)』(3000+4000)
『リリス蜃気楼』(3000+4000)
『プレリュードオベロン』(4000+基本BP-3000)

7000ダメージは、
『6000+1000』
『3000+4000』

で構築されていることが多いです。
可変焼きでない。元々2000ダメージの効果をもつカードに自分があまり馴染みがないためかもしれません。

2000ダメージ
(2000ダメージ与える事が出来るカード一覧)

6000の組み合わせについては、長くなりますので具体的な組み合わせは省略します。

・6000ダメージ
『1000+5000』
『マーヤ+5000』
『3000+3000』
『シャリス2000焼き』

という形で私は記憶しています。

5000以下については、可能なら組み合わせではなく、手札1枚消費で処理したい所です。

書いてるうちに閃きましたが、
シャリス軽減マモン(対面全体10000焼き)というのは強そうですね。

【環境主流ユニットのBPについて】
焼きにおいて、大切な事の一つに『リソース温存』というものがあります。

COJは、3枚まで同じカードをデッキに入れられますが、裏を返せば3枚しか同じカードはデッキにありません。
(手札複製除く)

そのため、必要以上の火力を使って対面のユニットをオーバーキルしていると、本当に必要な時に火力がなくなっている可能性があります。

リソース管理において役に立つのは『この対面のデッキだとあのユニット入っているだろうから、このカードは今は使わずに取っておく』といった考え方です。

そのため、焼きを使う場合。厄介なユニットのBPを予め覚えておく事を推奨します。


ダウジングを入れたタイプの赤が多くなり、手札にあっても勝手に捨札にいく今の環境ではあまり関係のない話かもしれませんが

(赤使いの方にお話を聞いたとき、自分よりオラつかれるのが赤にとって一番辛いとその方は仰られていました)

主流ユニットのBPを頭の片隅にでもいれていると役に立つ事があるかもしれません。


秩序の盾持ちや、王の治癒力。ジャンヌダルク。
9000以上の加護が辛い焼きですが。
焼かれる場合の参考になれば幸いです。


【以下、付録のようなもの】
(見にくいので、後日レイアウト調整の可能性あり)
(途中で力尽きています)



※全→自身を除く全体 
対全→対面のユニット全体
選◯→◯体選択
ラ◯→ランダム◯体  
戦→戦闘相手
CIP→召喚時
PIG→破壊時
終→ターン終了時
始→ターン開始時
攻→アタック時
起→起動効果
成→プレイヤーアタック成功時
OC→オーバークロック時
FOC→フィールドでオーバークロック時
対召→対面ユニット召喚時

・手札やユニットの数によって変動する焼き
可変焼き
(可変焼きカード一覧)

・ユニット(効果) 発動タイミングなど

・風魔小太郎(自陣の忍者数×2000)成 選1
・キングバクダルマン(自陣の珍獣×500) 攻 対全
・破壊少女シヴァ(対面のユニット数×1000) CIP 全
・火炎将軍スルト(自陣の巨人数×1000) 攻 対全
・フォックスバンデット(対面の手札×2000) 始(奇数) 選1
・丹花のリンリン(自陣の舞姫数×1000) CIP 選1
・遮那王義経(捨札の侍数×1500)攻 選1
・大天使ウリエル(対面の手札×1500)CIP 選1
・バーンソーサラー(自陣の魔導士×1000) CIP 選1
・バーンソーサラー(自分の捨札の魔導士×2000) PIG 選1
・ファニーテイマー(対面手札×1000) CIP OC 選1(自も選1)
・創世竜ティアマト(対面の手札×2000) OC 対全
・炎法師弁慶(自陣の侍数×1000) ラ2
・太陽神ラー(対面のユニット×2000)CIP 選1
・魔界王子マモン(自陣の悪魔×2000)CIP 対全
・エキドナ(対面のユニット数×1000) PIG 全
・朱雪のマキ(自分のライフダメージ×1000) CIP 選1
・絶魔王アスモデウス(捨札の赤×500) CIP 全
・暁姫ニュクス(自陣の魔導士×1000) FOC
・ヒュドラ(自分のトリガー領域のカード数×2000) CIP 選1
・熱血のフラミン(自陣の天使数×1000) 対召(↑2CP)
・タケミカヅチ(自陣の機械×2000)寝焼き 対面終
・混沌神カオス(紫ゲージ×2000) CIP 対全
・秘剣の般若(自分の紫ゲージ×1000) CIP
・ラートリー(紫ゲージ×1000) CIP 対全
・災禍の悪女・妲己(紫ゲージ×1000) PIG

インターセプト(名前のみ)
・富の対価
・絨毯爆撃
・不意打ち
・灼熱の大地
・緊急措置
・クリムゾンコンツェルト
・イグニッションバースト
・美しき彫像
・魔導の書
・大猿帝の咆哮


・1000ダメージ(珍獣は焼ける)
1000ダメージ
(1000ダメージ効果持ち)

・ユニット(効果) 発動タイミングなど

・ヴェルフェゴール(自ユニットアタック時) 選1
・アサルトガール(CIP) 選1
・フレイムソルジャー(自身戦闘時) 全
・常夜のフレイヤ(自身のBPを上回る相手) 戦
・ジャック・ザ・リッパー(攻) 全
・ファイヤーウォーリア(レベル1CIP) 対全
・ストロベリーガール(レベル1CIP) 選1
・戦線のヘカテー(対面ユニット召喚) 選1(自ユニットも選1) 
・バーニングロイド(CIP・沈黙ユニットを選択した場合) 選1
・カブト姫(PIG) 選1
・シャドウアリス(CIP・沈黙ユニットに対してのみ) 対全
・ジュゼ(レベル1CIP) 選1
・阿修羅百式(終・6回飛ぶ) ラ1
・フェニックス・ニケ(PIG) 対全
・魔王・信長(攻) 選1
・キャロムショットレディ(起) 選1(自ユニットも選1)
・竜魔人ドラゴニュート(攻) 対全
・乱撃のテトラ(CIP【▲1】 紫ゲージの数の回数飛ぶ) ラ
・闇に巣食いし絶望(自身の紫ゲージ上昇時) 全

【インターセプト】
・無限の炎(CIP) 選1
・フェニックスの羽根(成) 対全
・レイニーブレイズ(CIP) 全
・リッパー・サイクロン(レベル1・攻) 全
・レリックレイダー(戦)
・ホーミングバレット(CIP 【▼2】3回【▲3】7回飛ぶ) ラ
・なぎ払い(CIP(相手ターンでも)) 対全

主にサーチ珍獣に多いBP。


・2000ダメージ(一部種族サーチャーが焼ける・ランダムや全体ならニケも焼ける)
2000焼き


・3000ダメージ(種族サーチャーが焼ける・先行初手はこのBP帯は多い)
3000焼き

・4000ダメージ(信長やネフティスが焼ける)
4000焼き

・5000ダメージ(小型ユニットが大体焼ける)
5000焼き

・6000ダメージ(3CPユニットが大体焼ける)
6000焼き

・7000ダメージ(中型ユニットが大体焼ける)
7000焼き

・8000ダメージ


・10000ダメージ(大体みんな灰になる)
10000焼き
更新日時:2018/04/29 09:28
(作成日時:2018/04/29 02:33)
カテゴリ
初心者向け
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア