623

夢めんこ

by
イワシ
イワシ
アイリーン「てめぇこの野郎…選ばれ複製だけでもうこんなにも軽くなってるじゃねえか、ええ?」オワオワ……
ヘブドラ「ああ…すごく気持ちいいよ、アイリーン」
アイリーンがヘブドラのコストを、そのオワオワとした複製で優しく包み込む。
程良い消滅枚数と心地良い複製で、思わず口元が緩んでしまう。
アイリーン「バカ野郎が……こういうのはどうだ?オワオワ…」
俺「うぁ…くっ…!!」
アイリーンが悪戯に竜頭の先端をオワオワと弄ぶ。繊細そうな外見には似つかわしくない、乱雑で暴力的なオワメンコ。
あまりの気持ち良さに、消滅感がぐぐぐっと高まるのを感じる。
アイリーン「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。オワオワ…バシッ!オワワ…オワオワワ!オッワ!ぶくブブブ…!」
ヘブドラ「ひぁああ…!アイリーン!フェイク×メイクぉお!ぐっ…!!」
消滅札がヘブドラの股下で激しく増加する。ヘブドラのコストはてらてらと光沢を帯び、軽減運動を繰り返す度にアイリーンの複製とヘブドラのコストが混じり合った、ひどく単調なテイスティングが滴り落ちる。
限界までイキリ散らしたヘブドラの光は、神に仇なす者の全てを盤面から解き放つ。
ヘブドラ「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!アイリーン…アイリーン良かったよ…」
アイリーン「…(消滅したため不在)」
子安侍「万里に届け!(アイリーン回収)ユニットドライブだ!(軽減アイリーン)」
ヘブドラ「…アイリーンには全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」
アイリーン「当然だバカ野郎…ここからが本当のオワメンコだ」
ヘブドラとアイリーンは、相手がオワるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。
更新日時:2018/04/25 12:20
(作成日時:2018/04/24 20:43)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 1 )
イワシ
イワシ
4月25日 13時50分

〈テキスト変更〉◼︎きわどい表現
効果音を可能な限りオワに変換する。
一部表現の差し替え。
〈効果追加〉 〔消滅効果耐性〕を追加。

コメントするにはログインが必要です
シェア